2018年10月24日

ひとり振袖

小野道子きもの教室です。
先日、私の所属する一般財団法人民族衣裳文化普及協会の認定式ならびに35周年記念パーティーがANAグランコートホテルで開催されました。
認定式では、4人の生徒さんが認定証をうけとりました。
BFDC3838-99EA-4B11-B7C6-69833290803A.jpeg
そして、35周年式典へと続き、35年間頑張って来た3人の先生方が表彰されました。
15F005CE-BBEA-49EE-A419-EA046CCC7AF7.jpeg
午後からは35周年パーティー。フルコース付きです。
お食事もお酒も美味しくいただき、また、大抽選会では、我が教室のチセちゃんが、特等である会長賞を引き当てなんと手織りの「越後上布」の名古屋帯をいただきました。
B8CD1AC2-C7A8-4D02-9EB2-4B30F78B61DE.jpeg
チセちゃんの感想
道子先生ハート
お着物を初めて約1年、初めての認定式がこのタイミングで、大変嬉しく思います。
会長賞も頂けましたし、
私の先生が道子先生で本当に良かったです顔1(うれしいカオ)
いつも、出来ない出来ない、と言っている私に、
ちせちゃんなら出来る️と言ってくださったお陰で頑張れてますにこにこ
これからもよろしくお願いしますハートハート

そんなこんなで、いつもとは違う認定式とパーティーを経験しました。
F7194CD2-D0A7-4D2F-92D3-A243304ED56C.jpeg

その中で、35周年を記念して武田理事から直接学べる「ひとり振袖養成講座」が開催されました。
「ひとり振袖」とは、音楽に合わせて軽やかに約4分で振袖を着上げるという当協会の技術です。
この講座の終了目標をこのパーティーでのお披露目と言うことに設定し、7月から練習を始めてきました。

まず、どの振袖を着ようかな。
22B0E937-E94E-4E24-AE1F-C5AC42109F37.jpegホントは、二十歳の時に着たお振袖にしようかなと思ったのですが、金箔が張ってあるのでちょっと重い。自分が着るのではなく着付けの為にと揃えてある中でちょっと軽めのピンクに決めました。

そして、講座は7月から始まりました。最初は、長い振りに翻弄させられ、なんとか着れるようになると今度は音楽に合わせるのが難しい。
そしてそれを全員で揃えていくことができない。
4ヵ月間、練習。
50も半ばの私、振袖体型ではありません。帯の巻位置も普段の着物と違い四苦八苦。それだけでなく、教室の授業の示範や3月の発表会でデビューした華の舞と言うこれまた音楽に合わせて着物を着上げていくのとも違う。
あ〜、なんと切り替えが鈍くこうも不器用なのか再確認です。
なんで、こんなにと思うかもしれません。
振袖は人に着せてもらうもの、そう思っている方が大半です。
実は、私、20代前半で他のきもの教室ですが、通っていた時、振袖を自分で着て認定式やお友達の結婚式にも出ています(もちろんお直しを母にしてもらったりしてますが)
若い方に伝えたい。若いお嬢様をもつお母様にも伝えたい。そんな思いもあります。
練習することで可能なんです!
練習は、講師仲間であれこれ励まし合いました。
F230F624-D5B6-4C33-857F-94B95E380DCF.jpeg

これもとっても刺激になりました。
1か月切ってからは、着物を着ている日は毎日。脱ぐ前に必ず3回。
あと7日ってなってからは、気が済むまで、夜な夜な。
普通に一人で着るのは問題ない。でもね、音楽に乗ってみんなに合わせて、軽やかに、全部を一手で。
これが、本当に難しい。
もし、音楽が 「チャーン」とすると、身体が動き始めるのが「チ」 「ヤ」「−」「ン」
ちょっとづつみんなの感覚が違う。
ここを調整し臨んだ舞台でした。

4C9B0DA5-7CC4-48A5-B72D-A9F80214DD56.jpeg
35年前から先生をしている方がセンターに立って。
たった4分ですが、されど4分。
4分で振袖が着れます!
178E3ED3-80BE-4F2B-8021-73F0A128AB53.jpeg
音楽に乗ってみんなで合わせとは言いませんが、自分で振袖を着てみませんか?

このイベントが終わって、みんなで一生懸命頑張ること、振袖を着ると心ウキウキすること、振袖は、未婚の日本女性の正装であるので成人式だけでなくたくさん着て欲しいこと、世界に誇れる素敵な日本民族衣装であることなどなど、再確認いたしました。

一緒にやり切った先生方と、20年後同じ振袖で「ひとふり」二十歳記念日として、またお披露目できたらいいなぁって私にとって4回目の成人式を目指して行きたいです。

お稽古って、投げ出したくなる時もありますが楽しいですよ。
3738631F-309C-49DB-BDE1-CEEE60F01DAC.jpeg
















posted by おのみー at 16:32| Comment(0) | 日常

2018年08月31日

大切な人に着物を伝えてみませんか?

小野道子きもの教室です。


8月の1ヶ月間、お稽古はのらりくらり。

私の尊敬する大先生がそうしていると聞いているから、この何年かはイベントと浴衣講座くらい。


この夏の間、私の教室では2つのイベントをしました。

イベントを終えて、皆さんに伝えたい思い。

「大切な人に着物を伝えてみませんか?」


まず、イベント。

1つ目

私の所属先

一般財団法人民族衣裳文化普及協会の名古屋支部主催で、729日「ゆかたdeランチパーティー」

たくさんの参加者をいただきました。

765F5AE4-26C3-44E7-B809-FD5F62D75339.jpeg

教室から参加の皆様


ゆかたパーティーの中、ゆかたキレイコンテスト名古屋大会もあり、

我が教室の山中あゆみさんは

名古屋準グランプリ賞。


3810EEBD-30EE-4457-A86D-182921F05F14.jpeg

出席者全員の記念撮影


そして、樹香ちゃん&なっちゃんは、ブリリアント賞をいただき嬉しい思い出です。


皆んな、楽しかった♫美味しかった♫

いつも笑顔のお教室。

この日も笑顔満開でした♡


そして、2つ目のイベントは、

86日と826

2日間開催で橋元百恵先生を講師にお呼びして

「つまみ細工体験講座帯留め作り」

をしました。


A805C65B-C955-4878-BD33-0D646240C677.jpeg

DF032CF8-1DA3-43D4-8FB1-255FC7FD258C.jpeg

毎年夏、私の教室では、必ず手作り講座を開催しています。

ぼちぼちやってきたのだけれど、なんとか続いて多分13回目。

毎年、1つづつ着物に関する小物が増え私も楽しんでいます。


2日間とも大盛況。橋元先生もお茶も飲めないくらい忙しくご指導下さいました♡



そして、東京では、ゆかたキレイコンテスト全国大会ですが、

このコミセンに我が教室の歴代入賞者が揃うという日にもなりました。

(我が教室、ゆかたキレイコンテスト中部大会において誰かが何か賞をもらって来るというジンクスがあります(笑)タダでは皆帰ってきません)


11回大会の有松絞り賞の玲加ちゃんは3人目のお嬢さんななこちゃんと参加だし、

15回大会のAmi賞だったみよしちゃんは、お父さんそっくりの清君と。なんとまたまたお腹が大きくなっていて。


そして今年名古屋準グランプリ賞のあゆみちゃん、

ブリリアント賞の樹香ちゃんとなっちゃん。


こんなことつらつらと書いていますが、


私、きもの教室をして14年目。

ぼちぼちだけと、皆さんのお陰でなんとか続いて

たくさんの宝物があるって気が付きました。

宝物。

私の実家では、小さい頃、節目節目に写真館で撮った家族写真があります。

これ、ほとんどが着物を着ています。

七五三や成人式、卒業式も。

こんな写真を見て両親が私にしてくれた事、残してくれた事が感謝でしかないのです。

着物は、高価なもの。それを着て節目には家族で正装して。

決して裕福な家庭で育った訳ではないけど、私にしてくれた事。

同じようにとは思ってないけど、親から子へ、大切な人へ。そして、残してくれた思い出写真と着物。

また、それを繋げていく。



入会してくいただく理由は、ちょっと軽く

「着物がきれるようになりたい」

「浴衣がきれるようになりたい」

「お嫁に持ってきた着物に袖を通してみたい」

こんな方ばかりです。


でもね。

そのうち、もっともっとって欲が出てきて、

「もっと着こなしたい」

「娘の成人式着せてみたい」

「子供の七五三の支度をしたい」

「着付け師になりたい」

「普段着付けくらい教えてみたい」



こんな風に言ってくれる方もでてきます。


そして

思ったのです。

やっぱり、きちんとお稽古で学んで、誰か大切な人に伝えてほしい。

そんな風に

着物を楽しんでくれるといいなぁって。



私の教室は、一般財団法人民族衣裳文化普及協会の認定看板を取ることができます。


最初の基礎講座24回。

簡単に着物が着れればって思って入ってくれた人も必ず認定試験を受けてもらっています。

どんな人も、素早く着物がきれるようになり、基礎知識もついて欲しいという願い。


欲を持って、認定試験を受け、進級し、大切な人に着物を繋げて欲しい。

この資格のおかげで、

私、たくさんの人に囲まれて、楽しい毎日。



なんて素敵な事なのか。


いっぱい、嬉しい事のあった8月。


1021日の認定式には5人が出席。

午後からは35周年パーティーも開催されます。


少し上を目指すって素晴らしい。




DA2FCEFF-E732-4A2A-9F13-1804E7272420.jpeg0082C767-0044-4DED-AE3E-48461D649C10.jpeg

8124141F-FD4B-4D30-B3CF-942578C8D1D6.jpeg

posted by おのみー at 15:29| Comment(0) | 教室

2018年08月07日

夏の手作り講座2018 つまみ細工で帯留め作り

野道子きもの教室です。
暑中お見舞い申し上げます。
今年は、毎日最高気温が40℃近くあり、今日は35℃しかなくて涼しいわって勘違いしちゃいますね。
暑い暑いといいながら、着物着てます。
恒例となりました手作り講座。
今年は、「つまみ細工で帯留め作り」
きもの講師仲間でもあり、百咲美の橋元百恵講師をお迎えします。

実は、8月6日(月)も開催いたしました。
2時間で作品完成いたします。
手先に自信がない方は、小1時間練習して望めます。

63EC5EDF-7D33-4444-AC68-6BC7B8D2737E.jpeg
皆さんの完成作品


8BCBA410-4685-464D-AA6D-52FD584A1797.jpeg
作品作り中

D62CDE40-06AA-4375-961B-4F0E3B8D733D.jpeg

一つ一つ花びらのように作ります


次回は、
日時  8月26日 (日) 13:00〜17:00  
(2時間あれば出来上がります。15時までにお入りください)

場所  東白壁コミニティセンター2階和室 
名古屋市東区主税町4-41 (駐車場有)

会費  ¥4,500 

お申込みお待ちしています。
お申込みは、お申込みはこちらにてお願いいたします。
あと、若干のお席ございます。
きもの教室生徒さん以外での、一般の方の参加ももちろんOKです。


posted by おのみー at 13:48| Comment(0) | 日常

こんな場所にも出現いたします!

小野道子きもの教室です。
先日、楽屋裏に呼ばれお着付けいたしました。
時々、カラオケ大会等での着付けをお願いされますが、楽屋裏、しかも、ステージの間に呼ばれたのは初めての体験。
「粋に着せてください」
「幕間の楽屋滞在35分」
「小紋」
これだけの情報。

事前に、必要な物もすべてお伝えし

余裕持って到着予定が、ちょっと早くなりそうなので、
「早く来てください」のお電話が。。。

到着して、他の歌い手さん3曲くらいの間
お着付けさせていただきました。


角だし結び。
そして、ちょっと多めに衣紋を抜きました。

唄を歌う前のナレーションにビックリ(@_@;)
朝比奈じゅんさんのお名前でCDデビュー。曲は、「ねぇ」
〜〜〜〜皆様へのお披露目の場でもありました〜〜〜〜
素敵な歌声、澄んでいて、何となく可愛い♡
大人可愛く、粋な姿!!!
こんな場所にご縁があったこと嬉しく思いご本人様の了承を得て
ブログに書かせていただきました。
4D5A4405-B167-4B75-934D-5BE1C0174465.jpeg
楽屋裏でポーズ

52DA1274-2559-4A35-85B5-F9F679AA59FD.jpeg

朝比奈様からは、「皆さんから痩せたね!」と言われたそうで、
私も嬉しくなりました。

ご指名ありがとうございました。


続きを読む
posted by おのみー at 12:49| Comment(0) | 着付け

2018年06月20日

ゆかた講座2018

「小野道子きもの教室」です。
今年も浴衣の季節がやってきました。
IMG_2668.JPG




お得な「ゆかた講座」で浴衣の着方をマスターして浴衣でお出かけしま
せんか?
いえいえ、浴衣くらい着れます!って言う方は、ブラッシュアップして1ランクアップの着こなしをマスターしませんか?
初心者でも経験者でも、ゆかた着たい人!着たいなって思てる人!
ご予約下さい。

日時 ◯6月27日(水)10:00〜13 : 00  
      東白壁コミニティーセンター
      名古屋市東区主税町4-41 (駐車場有)

   ◯6月30日(土)13:30〜16:30  
                   同上
持ち物 下着(あれば 浴衣用 なければ キャミソール・スパッツ)・浴衣・半幅帯・腰ひも3本・あれば伊達締め・帯板
    
講座料 1,000円
〆切は講座の2日前までです。

そして、お昼間はちょっと無理。仕事帰りに習いたい!って方
 7月4日(水) 18:30〜20:00 一般財団法人民族衣裳文化普及協会 伏見教室
 90分×2 2回目は7/11
 講座料も同じ 小野道子担当です


【浴衣が着れるようになったら オプションです(ゆかた講座受講者とその家族やお友達限定です)】
☆浴衣で野球観戦 IN ナゴヤドーム VSヤクルト戦 
◯7/6(金)ナイター 18:00 ビールを飲みに行きましょう♡
◯7/7(土)デイゲーム14:00 七夕の日 浴衣を着ていくと試合終了後グランドに降りれます!
◯7/8(日)デイゲーム14:00 昇竜ユニフォームがもらえます!
3塁側内野指定B席 
7/6 定価3500円のところ3000円
7/7 定価3900円のところ3400円
7/8 定価4000円のところ3500円
にてチケットが購入できます。
            

また、ドラゴンズゆかたンバックナンバーを男女4800円にてお分けできます。
23A00090-5DCB-4752-9B37-C5EB5480DCF9.jpeg
そして
☆ゆかた de ランチパティ―も企画しています。
7/29(日) 12:00〜14:00  
参加費 4800円 (創作イタリアンコース料理 1ドリンク付き)
(お子様 小学生高学年で大人料理の方 親子で9300円)
(お子様プレート 2800円)
ドレスコード ゆかた  
お楽しみゲームやゆかたコンテストありまーす。
こちらのお申込みは、締め切りは7/18(水)
ゆかた講座受講の際、お申し込みください。

ゆかたで夏の思い出作りましょう♡
続きを読む
posted by おのみー at 00:04| Comment(0) | イベント

2018年06月19日

ワクワクの気持ち

今日は、ワールドカップ 日本VSコロンビア 
これも、とっても楽しみにしています。キックオフが待ち遠しい。
こうやって、ワクワクすることってとっても大事なって思っています。

ワクワクを考えることも、ワクワクすることも、とっても楽しいです。

1週間前にあるセミナーに参加しました。
7E6DAA21-58CF-458C-AE8E-64802E7AD090.png
今まで出席することもなかったであろう内容のセミナーです。
誘われるまま、行ってみたら、ツイッターでお会いしている方もいたりして(笑)
そして、ちょっとハードルが高いけど、やってみようかな〜ってこともあり。
そんなことを考えていたらワクワクがとまらない。
でもこのワクワク実現のために、具体的に文章化するのが大事。
産みの苦しみと言うか。
文章化して実行、行動する。
この繰り返し。あ〜、ちっともまとまらないけど、この気持ち大事にしたい。

そして、もう一つ。これも先週から始まりました。
私のお稽古。「一人振袖」これは、一人で振袖を音楽に合わせて着るというもので
しかも4分20秒。振袖を着て、ふくら雀の帯を背中にします。
振袖なんて、ミスのお嬢様方が着るお着物。
が、できるようになるらしい。3回目の成人式が迫っている私。(もうちょっと先だけど(-_-;)といっておこう。
私が所属する一般財団法人民族衣裳文化普及協会の名古屋支部長の小宮山先生が
東京舩橋での発表会で、19人の先生方が音楽に合わせて一生懸命されたのをみて感動。
44A5441D-4F86-48F0-AD66-E530ADA3BD53.jpeg
名古屋の先生方でもやりたい!となり、諸所通り抜け、実現に向けて特別講座が始まりました。3カ月で12回。
お披露目は、10月21日 35周年記念のパーティーの予定。
最初私も、今更振袖?って思いましたが、いざ講座が始まる前、手持ちのお振袖に袖を通し
ワクワク。何色にしようと真剣に悩み。
22B0E937-E94E-4E24-AE1F-C5AC42109F37.jpeg
そして、ピンクにしました。
DC6E0A1E-7102-4C3A-AA57-344E1E3AD681.jpeg
大好きなピンク。ワクワクです。
華の舞を発表会で披露した時みたいにまた練習練習です。

できないこと、ちょっとハードルが高い事に挑戦しながらワクワクを積み重ねる、とっても楽しい事です。


posted by おのみー at 19:44| Comment(0) | 日常

2018年06月01日

「逢いたくて いま。名古屋小町のきもの物語」で伝えたかったこと

昨日は、ご来場いただき、本当にありがとうございましたハート



都合がつかなくて、今回はごめんねと言ってくださり、
会場には行けないけど応援しているよって、
ラインやTwitter、FBを挙げて下さり、本当に感謝です。

そして、自分の事のように思ってくれてSNSで支援してくれた#にわっち塾の皆さん、

この企画で一緒に頑張った小宮山 啓子さん、橋元 百恵さん、桐谷 さゆりさん、

誰よりも私たちを導いて励ましてくださった丹羽 綾さん

本当に本当に感謝で一杯です。1日経って込み上げてくるものがありました。


E156A089-D13A-4BDE-BB56-49E4C5F2E3F3.jpeg

このイベントの企画2月半ばに立ち上げ、4月中旬から本格始動。

企画、運営、告知のランディングページ、集客、構成、当日の準備、

運営を私たちでおこないました。もちろん、コンサルの丹羽綾さんの指導は絶大で、

私たちお教室で先生をしている事以外は、ド素人の集まりです。

「お客様が喜んでくださる事は何だろう」

「きものをお伝えすることとは」

この2点、徹底的に話し合い自分が出来る事

4人で分担し合い、励まし、時には厳しく、友だちとかサークルの仲良しグループとは違うチーム名古屋小町で

駆け上がりました。
「名古屋小町」と言う名前も、自分たちでつけました。

971BCAB3-31F7-4859-A523-BCEAD392E838.jpeg

昨日のイベントの参加者兼司会の山中 あゆみさん。

実は、半年前から私の教室にお稽古に通ってくれてます。

自分着物をもっていなかったので昨年12月に呉服屋さんで初誂え。

反物を選び、胴裏や八掛を選んだのも自分。本当にはじめましての1枚を誂えました。

江戸小紋です。江戸小紋って色々な場面で活躍で来て重宝しますよ。

春になったらこの着物でお出かけしようねと言っていたのが、この日になりました。

でも、着物で初お出かけがこの司会︎。パーティープロデュースのお仕事をされていて、
色々とわかってくれているので本当にありがたかっのですが、大変だったよね。
本当に感謝です。あゆみちゃんの声、優しくて明るくて会場がパッとなりました。
F359EC5D-8931-4293-B798-C523A0D1B9C0.jpeg

このイベントで


私が本当に伝えたかっ事伝わっただろうか?そんな事も考えさせられました。


節目を大切にして来た実家、そんなに余裕もないのに着物を誂えて持たせてくれた両親。

持たせてくれた着物で私の家族にも出来る限り同じ事を大切にしてきたの。

着物がそのアイテムだった私。当たり前の事だと思って来た事が、本当はすごい事だったと

両親にも感謝する事、家族にも感謝する事で一杯となりました。
EDEBBFE4-6F32-40B5-946C-D8C800C25649.jpeg
イベント最後の挨拶でおはなしさせていただいたのですが、
私たちは、着物を 「きもの」 と漢字ではなくひらがなで表記しています。
調べますと、明治頃洋装をするようになり、「和服」「和装」と「洋装」と区別していました。
それがいつ頃からか、着物が衰退していったとともに 和装=着物 となったようです。
漢字で現すと、着物=着る物です。
私たちは着物を勉強していくにしたがって、そして先生として着物をお伝えする立場となり今もまだ進行形ですが着物から色々なものを学んできました。
外国では、KIMONO と表現すると日本の着物のことです。
着物ではなく ひらがなの 「きもの」
着物だけでなく、気もの 生もの 喜もの 輝もの 希もの...だから
ひらがなで「きもの」。私は、勝手にそう思っています。

そんな想いとともに きものをお伝えしていきます。



ありがとう♡

FA0FE7D4-CAFF-4631-96BA-6419CDE8C533.jpeg
C557DD40-A41B-492D-92FA-5BA8CF943651.jpeg

posted by おのみー at 17:57| Comment(0) | イベント

2018年05月29日

2018年5月31日 

こんにちは、小野道子きもの教室です。
久しぶりの投稿です。
毎日があっという間に過ぎて行ってしまいます。
6月1日は衣更。もうすぐそこです。もう、1年の半分に差し掛かってしまいました。
何て毎日早いのだろう。

まだ、衣更前ですが、最近の暑さには負けてしまい、先週末から単衣の着物を着ています。

そう、私、5月31日にきもの講師仲間とイベントします。
今まで、イベントと言えば、ゆかた講座とか、きもの体験レッスンとか、きものでランチ会とか、
きものでお出かけ企画とか、周りの人に声かけて、そこから声をかけてもらって...。
興味がある人に来てもらえたらな的な発想でのイベント。

今回のイベントは
着物を知らない人も知っている人も、「きもの」をお伝え出来たらなと。

そして、2月の最初の頃、ぼんやりとやろう!って感じでスタート。
日にちのみ5/31開催とし、「きのもをお伝えする」と言うことで、
4月中旬に企画ミーティング。
それから、走りだし、今日に至ります。

「きもの」なんて、どうでもいいもん〜というコンサルの綾さんの元、
一回練った企画もちゃぶ台ひっくり返す勢いで、「そんなのつまんない!」
そりゃそうです。私たち講師仲間は、きもののことが大好きで着物のことを良く知っていて、I LOVE KIMONO。
片や、コンサルの綾さんは、「きもの素敵ですね。でもめんどくさい。なくても生きて行けます」
なんて豪語されてます。
でも、そんなコンサル綾さんが、首を縦に振ってくれて「きもの いい。きものの持ってる想いってすごい」
なんて感動して泣いてくれて。

ランディングページで告知したのが、5月のゴールディンウイーク明け。
そして、昨日やっとチケットが完売しました。

もう明後日。
私たちの想い伝わるかな?

着物の技術や知識をお伝えすることはそれなりのプロでも、きものへの想いを伝えることは
出来るだろうか?
毎日毎日、ぶつぶつぶつぶつ。口角上げて。

そして、皆様に最高のおもてなしができるのだろうか?
不安も入交り、複雑ん心境。

今日、私のお教室にお稽古にきていただいた生徒さんも参加してくれます。
「先生、楽しみにしてるよ〜」「応援してるね〜」とか。
そう、私、応援されてる。
難しく考えないで、できることしっかりやり抜く。
今までもそうだった。
中途半端で悔やまないよう、まっ、いいか!は辞めよう。

5月31日 きものがやっぱりいい!
そんな思いが重なりあって、空気が倍音になりますように♡

お申込みいただきました皆様、ありがとうございます。
そして、イベントに向け一緒に走ってる モモちゃん、桐谷さん、けいこちゃん ありがとう!
お手伝いしてくれる皆様ありがとう!
あとちょっと、楽しみにがんばろ♡

IMG_7834 (編集済み).JPG
「逢いたくて いま。名古屋小町のきもの物語」
posted by おのみー at 16:46| Comment(0) | イベント

2018年04月04日

きものがご縁

小野道子きもの教室です。
今日は暑かったですね。長襦袢は単衣、肌襦袢は夏物にしたものの袷の着物がとっても暑い今日でした。
自宅の教室のお稽古もとうとう冷房を入れました。
朝から、お友達のFBのアップが美味しそうなホタルイカ。お昼頃から、終わったらビールとホタルイカ(笑)
そんなことを考えての今日の1日。

昨日、ご縁があってナゴヤドームでのドラゴンズ開幕戦での国歌独唱の戸田恵子さんにお着付けいたしました。
30070741_1340831749350498_1108957134_o.jpg

こんなだれでも体験できない着付けを依頼いただき嬉しく思います。
とっても気さくでかっこよく、そばで「君が代」をきいて鳥肌でした。
グリーンの芝に映える白い大小あられの小紋柄の着物、ドラゴンズブルーの帯、帯にはドアラちゃんが。
スタイリストの古賀千雪さんのセンス抜群です。
残念ながら、ドラゴンズは、また負けてしまいましたが、原点回帰。
頑張ってほしいと思います。

先日、次男の大学の入学式がありました。
子供達の入学式・卒業式には必ず着物で出席。私にとっては節目です。
IMG_7212.JPG

実は、希望していた学校には、ご縁が無かった次男。
お世話になる大学の学長の式辞、縁があるからここに皆集っている。校是は共生、
4年間夢に向かって頑張って、
社会に羽ばたいてほしいと。

そして、今日の自宅お稽古。
Fさん、着物が着たいなあと、リサイクルでこれって思って一式購入されたそうです。
そして、着物を習いに通ってくれました。
ご主人が転勤になり、今日で最後のお稽古になったFさん。
短い間でしたが、お稽古に通っていただきありがとうございました。
ご主人の転勤サイクルが短く、お友達ができにくいって嘆いてましたが
着物がご縁でまた新しいお友達ができるといいなあと思っています。

この2日間だけでも、きものが「ご縁」の出来事がいいっぱい。
きものがご縁って、着物の先生をしているから感じますが、
全ての出来事にもこういうご縁が存在しているのだろうな。
きっと。
そして皆と繋がっているんですよね。








posted by おのみー at 23:12| Comment(0) | 日常

2018年03月20日

卒業式 おめでとうございます

小野道子きもの教室です。
この2週間、幼稚園の卒園式出席のお母様や先生、私立中学のお母様や先生、女学生の袴のお着付け
そして、本日、名古屋市立の卒業式のお母様とお子様、
大学の卒業式のお嬢様のお着付けをさせていただきました。
門出に立合わせていただける着付け師のお仕事は幸せだなと感無量です。

ご卒園・ご卒業の皆様、そのご家族や先生方 おめでとうございました。

まだ、大学卒業式での袴着付けの御予約がありますが、早朝からのお仕事に解放感も感じてます。
29389219_1326209034146103_5258304859647508480_o.jpg
卒業式シーズン 家の近くのオオカンサクラは満開

3月15日の中日新聞朝刊にこんな記事がありました。
29388569_1326120167488323_7877698597641256960_o.jpg


この記事にきものの先生として、また、着付け師として感じたことがあるので
書きますね。
最近の、小学生の卒業式は袴を着ていくので大変なんです。
って、まさしくそんな記事です。
記事にもあるように、春日井市の小学校の卒業式は、袴禁止です。
理由は、高価できれない子がいる、トイレにいけない、踏んで転んでしまう、着付けになれず苦しくて気分が悪くなってしう。などなど。

袴の歴史は、とってもいいサイトがあったので参考にしてください。

明治30年代、女性が活動するため、和装でも女らしく動けるために袴をつけ、
女学校に採用されたのが一般の女性が着ることになったものなのです。

こういう流れで、女子大生が卒業式時、着るようになりました。約30年前の私も、ピンク色の紋付の色無地に
紺色の無地袴で卒業いたしました。

そんなこんなで、現在は、小学生にも広がった、しかも男児まで。

女子学生が袴を着けていた頃は、現在の制服と同じで普段着。卒業式時だけ、振袖や紋付の色無地を着たと思われます。
式ですからね。普段着よりは、格高くですね。
小学生だけではなく、大学生のお嬢様の親御さんも、レンタルの袴セット、ヘアーもセットして、着付けもしてもらって、かなりの出費だと言ってます。

でもね。

女学生の制服スタイルであることを知っていて
着付けの知識も知っている。
そして、技術も習って身に付けてしまったら。
29386462_1326250377475302_4907220149674704896_o.jpg
ご自身で着付けのお嬢様
29468920_1326250367475303_435264630160359424_o.jpg
お母様が着付けをしたお嬢様

ご自身で着付けたお嬢様は、半年くらい着付けを習いに来て、
ご自分の振袖に袴をつけました。
お母様が着物を習い着付けしたお嬢様は、
アンティークショップで綺麗な色目に一目ぼれした小振袖。
どちらも、大金もかからないし、きつくて気分が悪くならないし、
しくみを知っているので自分で直せるしトイレもいける。
こんな女子が、こんなお母様がいっぱい増えてほしいなあと、思っています。
きものは、日本の伝統文化です。
伝えていきたい、習得したい。私の着物教室。そんな思いもあるんです。
新聞記事。。。できれば、私としては大きな声で反論したいんです。
そんなことも、感じた小学校の卒業式でした。
29432286_1326261857474154_2976206873482493952_o.jpg
私も、次男の高校卒業式は黒紋付きの羽織で出席しました。


posted by おのみー at 14:33| Comment(0) | 着付け